www.guru-productblueprints.com
クルマを持つ人でしたらご存知だとは思いますが自動車税というものが徴収されます。そして自動車税は、手放す所有車の買取の際に当たり前に還付される税金なのです。本当に自分でやるとすぐ頭に入ってくると思いますが最初から順番に分かりやすく案内します。念のため補足させて頂けば、国内で生産された車だけに限らずアメ車などでも自動車税が戻ってくる対象に決まってます。当然所有車もそうです。自動車税は車を持っている人が支払わなければならない税なのですが、これは車の排気量によって規定されています。1リッター以下ならば29500円となり、1リッターより上で1.5リッターまでが34500円です。これ以上は500ccごとに5000円増えます。それからこのお金は4月1日の時点で車を所有している人が来年3月までの税金を納付するように定められています。つまりは先払いということですから勿論自動車を手放して、所有権がなくなった時は先払いした分の税額は還付されるんですね。税の場合は先払いで年度内の全額を払いますので、年度内に自動車を手放したときは買い取った保有者が自動車税の納付義務を負うのです。買い取った相手が買取専門業者なら、売却時に所有者が支払いすぎた税金を返金してもらえます。まとめると所有権が移転された日より後の税金は新たなオーナーが納付義務を負います。例えば10月に車を売却した際は11月以降翌年3月いっぱいまでの払ったお金は還付されます。というのは、繰り返しになりますが自動車税というのは先払いであるということからもわかります。ということは前所有者は買取先に払いすぎたお金を返金してもらうということです。業者を介さずに自動車を売買する場合結構このような大事なことに気づかない方がよくいるので、きっちり忘れないようにしましょう。自動車税が車の売却で返ってくることを意外に知っている人がいないからと言ってその事実を悪用している買取業者もあります。こちら側から返金に関して言わなければ、自動車税のことに関して触れないというケースも結構聞かれます。なので自動車の買い取りを依頼する場合は、払いすぎた税金が返ってくるのかどうかを確認することをおろそかにしないようにしてください。