www.guru-productblueprints.com
自動車重量税、通称重量税とは、国産メーカーの車でもドイツ車等車の生産している国やハッチバック、ハイルーフ車というような車の形状も全て同じで、たとえばニッサンやGM、等でも同じように納付しなくてはならない税金のことをいいます。新車登録の時、もしくは定期車検の際に納税が必要な税なのです。その税額はそれぞれの自動車のウエートによって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」ではまったく違う税金のため基礎となる税金を理解して勘違いしないようにしてください。「自動車重量税は車の重さで」「自動車税とは車の総排気量によって」その税額が違います。それにより売却の際の待遇も異なってきますので注意しなければなりません。自動車の買い取りの際には既に支払った重量税がどれだけ残っていてもその額が返還されるということはありません。一方で、自動車税の場合は、既に納めた税金を査定額に乗っけてくれるということがありますが重量税の場合は上乗せになるケースはほとんどありません。重量税は車を手放すときに既に納めた税金が残存していると言っても自動車の買取専門業者の方でその事実が考慮されることはほとんどないのです。ですのでその次の支払いつまり車検まで待った上で手放すというのが一番良いと思います。自動車売却の時は考慮してもらえない重量税ですが、ある条件の場合でしたら還付される可能性があります。これに当てはまるのは、車検期間が残っている車を廃車にする場合。要は、抹消登録をした際に残っている期間に応じた重量税が戻ってきます。ただ買取の際はその車が廃車されるのとは異なり返ってきません。それに売却する自動車の名義変更をしてしまったケースや、盗まれた際も返還してもらうことはできません。自動車重量税の残っている期間がある愛車を買い取ることは要するに車検期間がまだある車ということと同じです。その辺りを業者も配慮しますから重量税の残存期間があれば、そこそこ売却額が増えることでしょう。当たり前ですが、買取額は店によってまちまちなのですが、車検期間がまだあるということが忖度されれば、自動車の買取額からみるとそれほど損をするということもありません。